検索
ブログ
フォトギャラリー
メールマガジンの登録
facebook
2017年 06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2017年 07月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 
会社紹介
 

ひとつひとつのつみかさね
装飾を生み出す技術に「よせもの」というものがあります。
小さなパーツをひとつずつ並べて、クリスタルを留めてゆく。
繊細で、気の遠くなる時間と手間を積み重ねて生まれる輝きです。
職人の真摯な気持ちが込められ、手仕事の温もりと柔らかな雰囲気をまとって光を放つ
「よせもの」のアクセサリー。
つくり手と手に取る人を結ぶ、気持ちのこもった技術です。
「よせもの」とは

スワロフスキーを留めるツメを、並べて、デザインを決定し型を作ります。
胡粉(ごふん)という貝の粉を 砕いて出来たものを泥状にし、皿に盛り、型どりの準備をします。

盛った胡粉に、原型を押し当てた後原型を外すと、写真のようにツメの後が残ります。
必要なツメやパーツを揃え、「よせ」の準備が整いました。

型どりの時にできた跡に、同じツメやパーツを並べます。
ロウ付けには銀ロウを使い、ロウ付けする材料とロウ材を付きやすくするためフラックスを使用します。

ロウ付け作業です。バーナーの種類を使い分けます。
ロウ付けが終わった後、冷めてから胡粉を壊し、型から外し、こげや取り除けない胡粉などを、酸洗いします。

石入れ(ツメ留め)工程です。ツメにスワロフスキーのクリスタルを一つずつ留めて行きます。
研磨し、コーティングを施し、さらにツメのないパーツに、スワロフスキーのクリスタルを一つずつ手作業で接着します。主に2ミリ未満のクリスタルは接着になります。

別々で仕上げたパーツを組み上げます。
その後、クリスタルの配色、組み上げパーツなどの間違えが無いか人の目と手でしっかりと検品します。

完成です。
「よせもの」は、一つずつ手作業の工程が多いため、技術を要しても、完成まで時間がかかります。
特に立体「よせもの」は複雑なうえ、技術を要するため、現在、それを作ることが出来る職人は、都内でも数人と言われています。

店舗のご案内

MASAAKi TAKAHASHiの直営店は、
ものづくりの作家、ブランドが集まる[2k540]の施設内にございます。
WEBサイトに無い作品も数多く取り揃えております。
皆様のお越しをお待ちしております。
ショップ


作家プロフィール

盒 正明(たかはし まさあき)
有限会社アトリエ・エイト 代表取締役/一級建築士/コスチュームジュエリーデザイナー
1997年 日本大学大学院理工学研究科建築学専攻修士 卒業。アルヴァー・アールト財団奨学生(フィンランド)
1997年〜1998年 Vilhelm Helander, Juha Leiviskä arkkitehdit SAFA設計事務所勤務(フィンランド)
1999年 アクセサリー製造メーカー(有)エイトタカハシ 勤務。
同時にフリーのデザイナーとして、自主製作、コンサルタント、コンペなどに参加
2005年 (有)エイトタカハシ 代表取締役に就任、社名を(有)アトリエ・エイトに変更
建築設計・デザイン部門のdesign studio(一級建築士事務所)、
アクセサリー製造部門のaccessory studioを設立
芸能人ブライダルブランド、アパレル、デザイナーの作品化など多数製作
2012年 オリジナルブランド「MASAAKi TAKAHASHi」設立
2013年 スワロフスキー®エレメントとブランド契約
「よせものジュエリーデザイン体験サロン」をスタート
初のTIARA展「和の輝き三光―陽・月・星」を開催
江戸東京博物館、グランドプリンスホテル高輪、cafeみじんこなどに展示
2014年 「2k540 AKI-OKA ARTISAN」に「MASAAKi TAKAHASHi アトリエ・ショップ」オープン
「World Jewelry Facets(ワールド・ジュエリー・ファセット)」選出
2015年 Swarovski® Crystals(スワロフスキー®・クリスタル)とブランド契約

大学院まで建築(意匠設計)を学ぶ間、日本の人間国宝に匹敵するフィンランドアカデミー一員の建築家:ユハ・レイヴィスカと出会い、卒業後、フィンランド・ヘルシンキに渡り、正式に所員として勤務する。
フィンランドでの2年間、師の特徴でもある、ドラマティックな空間を演出する建築技法を学び、同時に過酷な自然環境において、いかに建築が居心地の良い空間を作らなければならないかを学んだ。

 

約2年間のフィンランドでの仕事に終止符を打ち、帰国。すぐに設計事務所を旗揚げしながら、家業であるアクセサリー製造業を手伝う。
その間、アクセサリーを作る技術を身につけ、デザイナーからの製作依頼や、自作デザインなどが評判を呼び、数々の出展、受賞歴を獲得し、多くの著名人、ブランドなどへのアクセサリーを手掛けることになる。

 

そのアクセサリーの特徴は、「よせもの」という技法で製作するもの。今では、この技術でティアラなどを作ることが出来る職人は都内で3人程度と言われており、また、その技術の継承すら危ぶまれている。
一方で、スワロフスキー®・クリスタル/Swarovski® Crystalsを使ってのコスチュームジュエリーという分野においてその品質への信頼は厚く、2014年、世界のトップデザイナーが手掛けたジュエリー作品を披露する国際イベント「World Jewelry Facets(ワールド・ジュエリー・ファセット)」において、全世界から70あまりのブランドの1つとしてノミネートされ、参加している(参照)。

 

現在は、「よせもの」という技術とスワロフスキー®・クリスタル/Swarovski® Crystalsを使い、コスチュームジュエリーだけでなく、ステーショナリー、ホームアクセサリーなど、様々な分野で精力的に活躍の場を広げている。
同時に、建築の分野においても口コミで広まり、クライアントに感動を与える空間を提供し続けている。

会社概要

販売業者有限会社アトリエ・エイト
設立1986年10月20日(創業1972年)
資本金500万円
運営統括責任者高橋正明
住所 東京都葛飾区堀切1-39-9 →Googleマップ
電話番号03-3693-8860
FAX番号03-3694-9066
URLhttp://www.masaakitakahashi.jp/
Eメールshop@masaakitakahashi.jp
Facebook URLhttp://www.facebook.com/march515
ツイッターIDMT_jewelry
ブログURL 等http://masaaki-takahashi.blogspot.jp/
営業日時 9:00〜17:00
事業内容ジュエリー製造・販売